ばあちゃんのお仕事2

画像
ばあちゃんは、お片付けが好き

御飯を食べたあと、
ず~り、ず~りと玄関まで、お散歩

そして、脱ぎ散らかされた履物を
片付けてくれる

「ちゃんと揃えておかにゃ~」
(ばあちゃんの心の中)

お・惜しい!
揃ってるのは揃ってるけど…

ばあちゃんが揃えてくれるのは嬉しいんだけど、それでも納得いかない時もあるらしい
「玄関は、すっきりさせとかにゃ~」(心の中)
だからって、靴を自分の部屋に持ってはいり、ご丁寧に布団の下に隠すのは…
ちょっと、困るぞ…

ばあちゃんのお仕事

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

まもる(夫)
2005年09月04日 01:15
玄関の履物を揃えるというのは純粋に片付けたいという気持ちからですが、私たちの靴を自分の部屋に持ち込んでしまう時は動機が全然違います。これは明らかに「隠さないと…」という切羽詰まった感情からの行動でした。単純明快な「一人にしないで」という意思表示。怒られても怒られても繰り返される私たちへの「訴え」。風民が勤めを止めたここ数年はめっきり減りました。現在はひたすらお揃えにはげんでくれています。奇抜な組合せや玄関マットの上など、にが笑いはさせてくれますが…。
2005年09月04日 07:46
おはようございます(^-^)/ 風民宅は今は「ずりずりの範囲」ですね
それでも、できることはたくさんありそう(笑)昔はもっと活発でしたか?
どこのおばあちゃんも働き者だからね~☆ うちのおばあちゃんは、お布団の中や押入では足りずに冷凍庫の中にまで??なものを入れてくれました。。。(回想)
2005年09月04日 09:22
奇抜な組み合わせ・・笑かしてもらった~こんなの見ると心和むわ~
履物をそろえるというのは、いつまでも身について離れぬ習慣なのですね。ああ、ちょっと耳が痛い。
上のまもるさんの、「一人にしないで」という意思表示・・という分析に、ちょっと胸痛みます。それに関連した事件が我が家にきのう起きました。またいずれ。
2005年09月04日 09:25
うふふ、この写真は何?って思って、よく見たら笑っちゃいました。かわいい。ばあちゃんがちゃんと揃えてくれたんだー。まもるさんの追記?を読んで、なるほど~って思いました。靴を隠すにはそれなりの理由があったんですね。う~ん、子どもに戻るっていうけれども、ホントですね。苦笑いして写真撮ってブログにして・・・というのが、いいですね。カリカリしないで、どーんと受け止めているんですものね。
2005年09月04日 12:33
日曜の昼は、「のど自慢」

●まもるさんへ
そっか~、私達が出て行くのがわかるように靴を持って入るのか~。
下駄箱には、他の靴もあるのにね…。
まもるさんの重たい靴も、今でも時々、部屋に持っていってるよ。

●たまえさんへ
つい2年前まで、歩けて、それこそもっと活発でしたよ。
日に何度もトイレに通い、トイレに行きたいというより、そうして部屋から出て私達がいるかどうか様子を伺っているという感じでした。幸い、トイレは、ばあちゃんの部屋の前でしたので、忘れる事はありませんでした。冷凍庫までは、開けませんでしたねぇ。遠慮していたのかな…。
2005年09月04日 12:37
●レイコサウルスさんへ
もっと奇抜な時、ありますよ。二つの靴を積み上げていたり(笑)
「一人にしないで」事件、何かありましたか…。

●yu_mamaさんへ
ホントに、子供みたいですよ。だけど、あんまり子供扱いすると、しっかり大人を主張したりして「バカにしないで」という表情をする時もあり、油断できません。よくわからん写真で…恐縮です(笑)
まもる(夫)
2005年09月04日 16:27
痴呆が進み、身体も衰弱してくると自己主張する力は弱くなります。この段階になると家族はむしろ精神的には楽で、びっくりマークは頻繁に出ますが、苦笑で受け入れられます。僕の反省は自己主張していた時にもっと真剣に受止めてやれなかったかです。母の表情は現在ずいぶんおだやかですが、「幸せであることの実感」というのとは少し違うと思います。
痴呆になった母から色々学ぶことがあります。この学習は風民の両親に対するときにせめて役立てなければなりませんね。
2005年09月04日 23:27
おばあちゃん やった結果はちぐはぐでも、心の中は、私達と同じなのですね。
2005年09月04日 23:44
●ロボットさんへ
ばあちゃんは、しっかりしていた時は、とってもまめでしたよ。
自分の小さい体に合わせるように、袖口やら肩のあたりやらを詰めたりした後が残る服がたくさんあります。
認知症の問題行動と言われるものには、ほとんど本人にとってはごく当然な理由が存在するらしいです。
2005年09月05日 07:41
>ちょっと、困るぞ…
 :こんな記事をかけるまでは、幾多の苦難があったことがうかがえます。おつかれさまでございます。
kaako
2005年09月05日 08:48
風民ちゃん おはようございます♪ご心配頂いき 損させてしまいましたね(笑 昨日は マンガレッスン日で また やる気が出てきました。
ばぁちゃんの 深層心理を まもるさんが ちゃんとわかっておられるところが 素晴らしいと思いました。ばあちゃんの人生は 苦労も多かったでしょうが こんないい息子と嫁に ぴったり寄り添ってもらえる ばあちゃんは きっと皆の 老後の理想の姿だと思います。
2005年09月05日 08:49
台風がやってきますよ~。すでに、東京の方は大変。
お近くの方、大丈夫ですか?

●時さんへ
ねぎらいのお言葉、ありがとうございます。
お察しの通り、苦難の時期は過ぎ、今は楽にしております。
苦難の真っ只中の方も多くおられ、そんなブログを読んでも辛くなります。
ルート
2005年09月05日 09:29
荷物持ってずーりずーりは器用ですねー。
3人のチームワークがよろしいようで(^^)
色んな事に意味があるんですね。その意味に私は気付けるかなぁ。
2005年09月05日 09:35
TOPページの写真を見ただけで受けちゃいました
ばあちゃんかわいいね一緒に、いると楽しそう

えっ!東京が台風?天気は悪いけど台風が来るとは思えないよ
2005年09月05日 11:27
上に同じく、写真だけで受けちゃいました~~(*^_^*)風民さんもクスッて笑っちゃったのでしょうね~そんでもって、パチリ♪
ミラクルチャンもお片づけしてくれるのはイイのだけれど・・・外で突いてきた杖を靴の中に突っ込んで、整理するのやめてくれる!!靴の中が汚れるじゃん!!ですぅ。。。この辺は、まだ土の部分が多いですから~~
2005年09月05日 12:58
雨、小降りです。食料調達いたしました。

●時さんへ
言葉足らずでした。
<そんなブログを読んでも辛くなります。
それらのブログの作者さん達にお声をかけたい気持ちは、いっぱいあるのですが、経験した事柄とはいえ、時期が過ぎると、その真っ只中にいる方と同じ気持ちになるのは難しいようです。ヘタに大丈夫よ~などと書き込めない気持ちになり、読むだけとなってしまうのでした。

●kaakoさん
ニアミスで、お返事遅れました。やる気出てきたんですね。すごい、すごい。でもしかし、体調と相談しながら、ゆっくりですね。顔晴ってください♪
おほめの言葉、ありがとうございました。
2005年09月05日 13:05
●ルートさんへ
タオルケットも持って、ず~り、ず~りしますよ。まだまだ力が残ってるのね。
ちゃんと言葉にしてくれない分、メッセージに気付くのは難しいね。

●さくらさんへ
受けましたか♪ 一緒にいると楽しいよ。
そうそう、東京の浸水は、台風というより秋雨前線の豪雨だったのですね。
道路が水びだしで床上浸水してるニュースを見て、びっくりしました。

●香り薫るちゃんへ
あはは、薫るちゃんにも受けたのね。ミラクルちゃんのストーンサークルのように芸術的ではないですけどね。そうだね。靴の中につっこまれるのは困るね。杖ホルダーだと思ってらっしゃるのかな…。言っても駄目駄目な時は、こちらが何がしかの対処をしないといけませんね。
2005年09月05日 15:46
 ウチのおばあさん(義母)も、まだらからボケている時間の方が長くなってきているご様子…。
私は直接関わることが出来ないのけど、ボケてきているご本人達はその一つ一つに何か意味のある行動なのでしょうね。
連れ合いと妹さんがお世話に当たってくれていますが、かける言葉が見つかりません。
今から思えば、一緒にいた頃からボケ始めていたんだろうと思います。
…難しいね、言葉にならない…よ。ホント。
2005年09月05日 16:04
●Hiromiちゃん
こんにちわ~。義母様、心配ですね。かける言葉がみつからなくても、話したそうにしていたら聞いてあげてね。お世話している人もストレスが、かかるからね。なるべくHiromiちゃんは、明るさ分担係になってあげてね。
2005年09月05日 21:54
 そう、ひたすら聞き役。徹しています。
よく兄妹で、電話で愚痴りあっていますよ。(笑)
仲のよくなかった兄妹が、この件で距離が縮まったようです。
私は余計な心配をかけないことですね。
風民さん、ありがとう。
2005年09月05日 22:08
●Hiromiちゃんへ
あらま!今、プロレスな日々のコメントにレスしてきた所でした(笑)
兄妹、仲がよくない。とか言ってられなくなりましたね。
大変な事だけど、力を合わせて、結束力みたいなものが生まれたのかしら。
それは、ひょっとして義母様からの贈り物ですね。うん。そういう事にしておこう。Hiromiちゃんも、立場的に難しいのかもしれないけど、頑張ってね♪
Hiromi
2005年09月06日 14:07
>ひょっとして義母様からの贈り物ですね
うん、そうかもしれない。
ありがとね、そういうことに気付かせてくださって。
2005年09月06日 15:07
●Hiromiちゃんへ
いえいえいえ、そうでも思わなくっちゃ…ね♪
うちも、ばあちゃんは私に育児の真似事をさせてくれている。って思ってるの。

この記事へのトラックバック