ばあちゃん 痩せる

画像


毎月、デイサービスで体重測定をしてくれている。
上下しながら、3月に比べて9月は3.75キロ減っていた。
お医者さんに、それを報告し、
水の飲み込みも悪い旨、伝えると、

「胃から栄養 取るぅ~~?」
と言われた。

「え! そこまで せなあきませんか…」
「ばあちゃん、まだ、はいはいしてるし、時には自分で食べるし…」

食が細り、自分でつまんで食べる回数も減っている事。
とろみをつけても、昨日おとといは毎回むせた事。

自分で報告しながら、「胃に穴を開ける」
と言われて、たじたじと引いてしまった私。

「あいやぁ~~…」
と次の言葉につまっていると、
「まぁ、ギリギリまで様子をみましょう」
という事で無罪放免された。

水がむせるなら、無理っぽいと言われたが、
「ラコール」という栄養剤をもらった。
カロリーメイトみたいなもんで、あんまりおいしいもんではない。
との事だったが、飲んでみると、まんざらでもない。
甘いので、ばあちゃんは喜んで口を開けてくれている。(と思う)

よっしゃぁ~!
食欲の秋、今までより もう少し多くの時間、
ばあちゃんの食べる事に つきあって、
10月の体重測定・血液検査に そなえるぞ!

と思うのであった。


しかしまぁ、胃婁(いろう)という手段があるのは知っていたが、
実際、どんな感じに生活が変わるんだろうか…。
ゆくゆくは、そんな事も勉強しないとな。とも感じるのであった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ルート
2006年09月11日 18:23
ですね!食欲の秋ですもんね!食べよう食べよう!
テフさんも、いつだかよりはだいぶ減ってます。
でもまぁ年が年だし、運動量もそこそこだし、そんなに量は食べませんよね。
でも秋ですもん!おいしいもん食べましょ!何がいいかなぁ…今日はサンマ!
と思いながら…風民さんごめんなさい。ウチにもらったコメント間違って消してしまいました。懲りずにまた来て下さいね
2006年09月11日 18:48
食事はできる限り、口から摂るのが好ましいですね。痩せちゃったのは心配ですね。この前、さつまいもを食べていたって書いてあったから、まだ上手に飲み込めているから大丈夫だと思ったけど。。。むせてしまうのが怖いですね。器官やら肺の方に行ってしまうのが肺炎の原因になりますものね。少し食べるだけでも栄養価の高いもの、おいしく食べられるもの、食欲の秋に期待したいですね。わが母は、プリンとかシュークリームを好んでいましたっけ。私が太るのは簡単なのにな~~(笑)
たまえ
2006年09月11日 21:08
胃婁(いろう)という言葉を聞いて、父のことを思い出しました。
父は結局、それをしないうちに最後が来てしまいましたが。。。

おばあちゃんは、風民さんの優しい想いに応えて
一口ずつ食べてくれるんですね。
pochiko
2006年09月12日 00:13
食が細くなる時ってあるんですよね。
我が家のばぁちゃんも、何度胃ろうの話が出た事か…。
その都度頑張ってきました。
栄養剤も良いと思いますよ。
うちでも食べなかった時は、缶入りの栄養剤(甘いんですよね^^;)を吸い飲みに入れて、口の端から差し込んで少しずつ飲ませた事がありました。
そうして、飲み込みの良いプリンのようなものを一匙からあげたりしていました。
そうしているうちに少しずつ食べられるようになりました。
風民さんのおばあちゃんも小さいですから、食べないと痩せて行くのが目に見えるようです。

kaako
2006年09月12日 09:46
風民ちゃん おはようございます
うちの父も 今 胃婁手術街なんですよ。7月から 経口の食事ができなくて 鼻からチューブで栄養を入れてましたが 喉を通るので どうしても 誤飲の危険が出てきます。で 胃から直接ということなのですが その手術が のびのびになっています。(発熱とか 貧血で)
でも 看護師の義姉にきくと 胃から栄養を取る方が 安全で 看護もしやすいし 状況はよくなるからと聞きました。(管の取替え頻度も全然違うようです。)歳をとると 飲み込みが難しくなるのは 自然の成り行きなんでしょうね。。風ちゃんは いっぱい食べて 体力つけてくださいね。
kaako
2006年09月12日 09:48
変換ミスです。。街⇒待ち 
2006年09月12日 12:45
ルートさん、yu_mamaさん、たまえさん、pochikoさん、コメントありがとうございます。
やっぱり、持つべきものは、ブログ友。
心強いです。
これから、今日中のお仕事をかたづけます。
お返事は、終わり次第、ゆっくりさせていただきますね。(謝)
ではでは…。
風民
2006年09月12日 20:07
●ルートさん、こんばんわ♪
てふさんも、スマートになりましたか…。
そうそう、私も、そんなに動かないから食べるっていっても、そんなに食べれないよな~。と思ってるんですけどね。むせるのが困ります。
サンマ、いいですねぇ。うちもよく焼きますよ♪

コメントの件、了解しました。わざわざお知らせくだすって、ありがとう。
気にしないでね。また、書きにいきますよ~♪
風民
2006年09月12日 20:27
●yu_mamaさん、こんばんわ♪
プリン買ってきました♪ シュークリームもよさそうですね。
ばあちゃんは、甘い物が大好きです。
昨日は、けっこう調子よく食べてくれましたよ。
起きてるのをみたら、口に食べ物を運んでみる状態です。
2006年09月12日 20:32
●たまえさん、こんばんわ♪
お父様も、胃ろうのお話が出ていたんですか…。
ばあちゃんは、まだまだ食べれそうです。
とろみを増やしたり、食べさす回数を増やしたり頑張ってみます。
2006年09月12日 20:38
●pochiko先輩、ありがとうございます。
pochikoさん所のおばあちゃんも頑張ってるんですもんね。
うちのばあちゃんは、まだまだ自分で起き上がれるし正座できるし、はいはい歩けるし…。口で食べるのあきらめる程でないですよね。
ばあちゃんのもらった栄養剤は、レトルトパウチみたいな袋です。結構、甘いです♪ ばあちゃん、一度「あ~おいし♪」って言いました(笑)
水もトロミを増やしたらなんとか飲めそうです。
目の覚めた、しっかりした時は飲み込めたり、ぼーっとしてる時は、むせやすかったりします。むせたら一休み。を繰り返しています。一休みが多いので、朝昼夜と3食というより、しょっちゅう食べてる感じになってしまっています。
2006年09月12日 20:47
●kaakoさん、
え~! お父様、鼻からチューブで栄養剤食事なのですか!
入院されてるとおっしゃってましたが、大変な状態なのですね…。
胃ろうの手術するにも、体調を考えてしないといけないのですね。
全然知らない世界なので、胃ろうにしても動けるのか、食事には管をつけるのか、じっとしていないと栄養を入れられないのか家で面倒みれるのか…そんな疑問も不安に感じるところです。
kaakoさんも大変でしょうが、お父様の状態、また私にも教えてくださいね。
お大事にしてください。

そうそう、私も食が細い方なんですよ。なかなか食べたい物が浮かびません。
kaakoさんも、お疲れがでないようにしてくださいね~。
2006年09月12日 20:57
胃婁って本当に最終手段だと思うんですよ。絶対に口からモノを食べる方が良いに決まってますもん。 食べてくれない人に対して、食べてくれるように促す事って結構大変ですし、根気のいる事ですが、いろいろな工夫をすれば何とか食べてくれるようになってくれると思います。
本が全てとは言いませんが、参考になる本などがたくさんあるので、参考にしてみてもいいと思います。  水分も、ストローを使うとか、水のみを使うとか、トロミを使うとか、色々と試してみてもいいと思います。
自分、食べる事大好きなんで・・・・ 口から食べられなくなるのは嫌です・・・・
2006年09月12日 21:34
初めて聞くことばかり。
この歳になっても介護する身にならないと知らないことばかりなんですね。
生きて行くのは大変なことだと気付きます。
食べるという行為を、自分の望む形で出来ないなんてショックですよね。
涼しくなって少しでも食べることがスムーズに出来るようになるといいですね。風民さんも食べなきゃダメよ!
2006年09月12日 23:10
先日来、ルートさんのところでも義母のことを回想することが多くなりました。ここでも・・・・
義母は点滴を入れる血管が全部潰れてしまい、鼻から胃までチューブをいれて栄養を取っていましたが、ある日不自由な手でそれを抜いてしまい、特殊なホックが付いたミトンをつけられてしまったときは可哀相でした。
その点、胃ろうは造ってしまえば、食事を入れるときのみ繋げばいいので、顔面も見た目、経鼻経管よりもすっきりしていますし、扱いもよいらしいです。
でも、ルートさんのところの延命措置の話題ではないけれど、自然の姿がいいのですが・・。
YiJin
2006年09月13日 11:59
カロリーメイトドリンクって、実は慣れると美味しいですよ(笑
個人的にはNEWよりコーヒー味がオススメです。
風民
2006年09月13日 13:22
●ゆうちゃん、こんにちわ~♪
そうですね。色々と、ありがとう。
結局、私が、もう少し工夫をすれば、今のところは、なんとかなるかな~って感じです。ばあちゃんは、ストローが苦手です。チューって上まで吸えないんですよね。なので、今は口元がよくみえる鼻がじゃまにならない大きめの口のガラスのコップが使い勝手がいいです。トロミ剤、混ぜたときは、さらさらなのに時間を置くと、トロトロすぎになったりしますねぇ。調合具合が難しいです。トロトロばかり飲んでるので、痰がからんだようにむせたりする時もあるんですよねぇ。トロミが「あだ」になってるのか…。とりあえず、今朝も飲めました。また、色々教えてください♪
風民
2006年09月13日 13:26
●あしあとさん、こんにちわ~♪
私も、まだまだ、わからない事だらけですよ。
嚥下とかPEGとか、聞きなれない言葉にとまどいながらやってますよ。
経験しないと知らない事って、たくさんありますねぇ。
おっしゃるとおり、私が食べる事が好きなら、もっと楽なんでしょうけどねぇ。頑張って、おいしい物を見つけまする…。
風民
2006年09月13日 13:49
●レイコさんへ
そうそう、お医者さんもね「そういう処置もあるって事を覚えておいてね」って言われました。確かに、鼻からよりはまだ良さそうですね。
でも、食事を入れる時って、どういう風にするのだろうか。とか、普段の生活がどうなるのだろうか。とか、わからない事だらけです。
というか、kaakoさんのお話で気づいたのですが、その処置には手術が必要って事で、入院となれば、その時点で、きっと、ばあちゃん、寝たきりになるじゃん!と感じたのでした。今でこそ、毎日、はいはいしてるので動けてるけど…。病院に入ったらそうはいかなくなりますからねぇ。トホホ
風民
2006年09月13日 13:58
●YiJinさん、こんにちわ♪
うん、カロリーメイトドリンク。私は飲んだ事ないんですけどね。
ばあちゃんの栄養剤も、そんな感じだって言われました。
それに、コーヒー味・ココア味・グレープフルーツ味の別に混ぜる味セットもつけてくれました。なかなか混ざりにくいけど…。
なにも混ぜなくても、キャラメルみたいな味がしますねぇ~。
カロリーメイトを買ったら高いけど、ばあちゃんは保険一割負担なので、10分の1の値段で、お薬として病院でもらえたのよ~。
ダンボール箱に、24個入って、ずっしり重くて、次の日に取りにいきましたよ! 感謝感謝です。
kaako
2006年09月14日 22:23

風民さんの これからの不安というのが すごくわかります。
わからないことだらけですよね。私の方も そんな状況です。
レイコサウルスさんのコメントが 今すごく理解できます。
うちも あのミトンをつけられたときは 哀れで。。。
管を抜いてしまう危険がないだけ 胃婁の方が安心ですね。

風民
2006年09月15日 13:13
●kaakoさん、
お忙しい中、再びコメントありがとうございます。
お父様の状態は、いかがですか…。
鼻からのチューブは、気持ち悪かったり、苦しかったり…。
きっと、取ってしまいたいくらいなんでしょうね。
それも出来ないように、手の自由も奪われて。
自分の栄養のためとはいえ、見ている方も辛いでしょうね。
胃婁の手術、早く出来るといいですね。
2006年09月15日 23:13
風民さん~お久しぶりですぅ
みんな、いろいろあるよね。。。
おばあちゃん、食べてくれるといいですね。
食べるられることが、やっぱり一番の幸せですものね~

風民
2006年09月16日 15:51
●香り薫るちゃん、こんにちわ~♪
みんな、それぞれ、いろいろ あるねぇ(しみじみ)
ばあちゃん、がんばって食べてますよ。
ありがとうね♪
もう少し、工夫して食べやすい物のレパートリーを増やさなきゃ。
と思っています。
それと、食べさせる努力です。ガンバ!
2006年09月17日 00:23
こちらには初見参です。
13年前に亡くなった祖父を思い出します。
脳梗塞で半身不随の時は正月には
「どうしても餅が食べたい」と懇願し
医者を困らすくらい食欲旺盛でしたね。
普段は口がいうこと聞かんと苦労してましたね・・・。
その後、病状が悪化し意識不明に。
回復の見込みが無い状態で入院していたときのことです。
鼻からチューブで胃に栄養直接でしたから、
みるみる皮と骨になってしまいました。
痰が喉に詰まるたびに祖母がチューブで取り除いていたのですが、
医者の「喉に孔あけたら詰まらんでええけ、開けましょう」との
言葉を聴いて目に涙を浮かべて拒絶の態度を見せ、結局しませんでした。
とにかく口から食べられるうちは大丈夫です。
咀嚼は脳にもいいですし、内臓にも食べ物来た!という信号を送ります。
風民さんには負担ですが、ぜひとも工夫をしてみてください。
生意気言ってすいません。
ストレスはプロレス観戦で発散・・・。
厳しい技のあとのフォールを
「返せ!返せ!!」と叫ぶだけで吹っ飛びますよ!!
風民
2006年09月17日 15:11
●ゴーリン!さん、こんにちわ~♪
あちらは、最近、記事低迷状態で、ご迷惑かけてます。
こちらにも、来て下すって、ありがとう♪
経験した方の体験談は、とっても参考になります。
そっか~、口から食べるのには、脳にも影響がありますよね。
なるほどです。
頑張りますよ~。ありがとうです♪

今日は、夜、全日本後楽園大会ニアライブのお楽しみが待っています。
コンドッチーvsコジコジ RODvsヴードゥーマーダーズですよ♪
ストレス発散できるいい試合を希望!
2006年09月17日 17:36
風民が、ネットで体重とかしてくれている
ピョン次郎は、ネットでデイサービスを測定したかったの♪
風民
2006年09月18日 01:34
ピョン次郎、ばあちゃんのデイサービスについていってあげて♪
花猫
2006年09月25日 09:29
ご無沙汰しています。
私の職場の入居者の方は今、次々胃ろうになっています。
看護婦さんやお医者さんはその方が安全だし楽だっておっしゃるのですが生活を見ている私たちはそのように簡単には思えません。
食事時間になると胃から出たチューブにドロドロの食べ物を注入します。
食べ物を口から入れるという喜びは全く奪われるので表情が明らかになくなってきます。
口から食べることでたくさんの刺激が脳にも体にも全身に行き渡っていると思います。
ただ飲み込み出来なくなって誤嚥性肺炎になる恐れがある場合は命にかかわるので仕方ない選択になるのでしょうね。
その場合も栄養を取っているからもういいのだ。ではなく、出来る限り口や全身への刺激をしていかないと生活の質が格段に下がってしまいます。
嚥下が出来なくなった時に胃ろうをするかどうかを元気な私たちも決めておかないといけないのかも知れないと感じています。
花猫
2006年09月25日 09:30
(続きです)
ただ意識がかなりしっかりしていて前向きな方なら食事のたびにむせたりする苦しさから解放されるので胃ろうという選択を受入れて明るく生きていくことも可能だと思います。
悩みながらどうしたら明るく生き抜いていけるのかを考えること自体が大事なんだろうと日々感じています。
風民
2006年09月25日 11:03
●花猫さん、現場の貴重なお言葉ありがとうございます。
お蔭様で、ばあちゃんは少しずつですが食べられています。
前は、口を開けなくなったら、食べたくないのだろうと思っていましたが、最近は辛抱強く何度もトライしてみます。そしたら、ふっとまた口を開けてくれたりします。口を開けるという行為自体も少し忘れ気味なのかもしれません。なので規則正しく3食というのではなく、しょっちゅう少しずつ食べていますが、それでもしかたないか…と思っています。
食べる事は、頭にも良い事なのですよね。そして、聞いた話によると、口から食べなくなると口・のどに雑菌がたまりやすくなるそうです。
可能性があるのに安易に胃婁は、やっぱり避けるべきですね。
顔や肩のマッサージをしながら、もう少し頑張ってみます。
花猫
2006年09月25日 11:22
風民さん、おばあちゃま少しずつ食べられているようで安心しました。
なかなか口を開けてくださらない方、大変ですね。
そばで“あぁ~美味しいぃ”なんて言いながら介助者が何かつまんでいるとつい口を開けてくださる場合もありますo(#^。^#v
あと食事の話はあえてしないで喜びそうなお話をして口がほころんだ時にさりげなく口に入れるとかもあります。
唾液が殺菌作用ありますから食べないと唾液が出ないで不衛生に成りがちなんですよね。
どうか風民さんが疲れすぎたりしないようにしてくださいね。
風民
2006年09月25日 15:36
●花猫さん、再びありがとうございます♪
なるほど、“あぁ~美味しいぃ”ですね。これも試してみます。
こちらが せかせかと口に運んでいると、その雰囲気も感じ取るのか、むせます。ゆっくりとした時間が必要です。
疲れすぎないように、出来るだけ頑張ります。