六甲山 氷の祭典

画像


氷の彫刻 って、
考えると 贅沢というか はかないですよねぇ。

どんなに素晴らしい物が出来ても、
氷なので 溶けてなくなっちゃうんですよ~!
その場限りの芸術なんですよ…。

画像


六甲山 氷の祭典 初日に行ってきました。



初日は、夕方5時からの開催。
ライトアップされた氷の芸術は、
私のカメラの腕では、うまく撮れませんでした…。

画像


画像


画像


溶けてなくなると終わりなので、たった4日間の開催です。

画像


神戸のことなら 画像

この記事へのコメント

でこぽん
2007年01月29日 09:59
おはようございます"^_^"
氷の祭典きれいですね、素晴らしいですよね
初めから作品が出来るまで側に居て見ていたい気持に
なりますね・・・♪
ルート
2007年01月29日 11:47
ペガサスかっこいい~!なのに、たった4日間なんて寂しすぎる…(>_<)
かすかに夜景も見えますね~クルーズに芸術に夜景なんて
ロマンチック続きですね!
2007年01月29日 15:31
●でこぽんさん、こんにちわ~♪
後で新聞で知ったのですが、
作っている所を見るツアーなるものがありました。
どうやって、作っているのか興味ありますよね。
私は氷の彫刻というのは初めて見ました。

●ルートさん、
<かすかに夜景
そうなの♪
この会場から「100万ドルの夜景」が見えるんですよ。
だけど、夜景も、ぶれぶれで大失敗です。
夜景を、うまく撮るのが今後の課題なのよねぇ~。
次の機会には三脚を持っていきまっす♪
わけあって、今年は神戸のイベントに、色々と足を運びます。
一泊は無理だけど、地元神戸なら、日帰りで充分。
6時間くらい、ばあちゃんは、お留守番ですよ。
私のリフレッシュにもなりまする。
2007年01月29日 16:44
その、はかなさ がいいのかも知れませんね~。
夜景撮るのって本当に難しいですよね。ゆらゆらってぶれたみたいになって、見たとおりにならない。夜景モードにせずフラッシュも焚かずにうまくいく場合もあって、わけわかりません。(ーー;)
上のコメントの「わけあって」に、引っかかるーー
風民
2007年01月29日 16:51
●レイコサウルスさん、
私だったら、同じ作るのなら100年でも保存できる素材で作りまする…。

え? 夜景モードにしない方が良かったりしますか?
それは、初耳です。今度ためしてみます。

<わけあって
それは、後日のお楽しみ♪
2007年01月29日 17:09
とっても幻想的です。暖冬といわれていますから、余計に”はかない命”かもしれませんね。初日に行かないと、翌日は作品のシャープさがなくなっているってことですよね。でもね、音楽もいっしょです。ピアノの練習をどんなに積んでも、聴くのは一瞬。芸術とはそういうものよ!なんちゃって、わかった風なことを言ってしまいました(>_<)
2007年01月29日 21:25
昔、六甲山の近くに住んでましたのでよく行きました。こんな催しがあるなんて
知りませんでした。行ってみたかったけど、4日間だけって言うのが残念ですね~。
まもる(夫)
2007年01月29日 23:34
夜景も映ってますが、ロープも映ってるでしょう。真正面アングルなら全てロープが横切ります。まして昼間なら後ろのブルーシートや鉄パイプもモロに映ります。はかない命の作品群であるだけに、もう少し展示の仕方を考えてほしかったです。プン!
pochiko
2007年01月29日 23:40
綺麗ですね~~思わずため息です。
氷の彫刻っていうと、どうしても白か透明かって思うんですけど、ライトアップされてて、赤やグリーンなどライト効果とはいえ氷で出来てるなんて信じられないくらいです。
2007年01月30日 13:22
氷の彫刻も雪像も、結局溶けて消えるのね~
子供の頃、せっせと作った雪だるまでさえ、消えると寂しかったもんです。 これを作る人たちはどんな思いなんでしょうね。
こうして写真に残すことで、記憶されるってことは、溶けて消えたわけじゃないのかも。 形は無くなっても記憶と記録が残るんだもの。
それより何より、こういう芸術品を作る「手」と「才能」に圧倒されますね。
風民
2007年01月30日 21:47
●YUKOさん、
六甲にお住まいだったんですか。
会場のガーデンテラスという所も、初めていったのですが、北欧の建物のようで おしゃれでしたよ。また今度、お昼に行ってみたいです。

●まもるさん、
ビデオには もろに写っていましたね、ブルーシート…。
風民
2007年01月30日 21:52
●yu_mamaさん、コメント前後してしまいました。
ごめんなさい。
生演奏も、そうですねぇ~。
この前ね、鼻歌、歌ってて いいメロディーが浮んだんですよ!
あ~、残しておきたいって思って何度も歌ったんですけど、
忘れてしまうじゃないですか…。
楽譜は書けないし…。
しかたないので、鼻歌を一応テープに録音しましたよ(笑)

●pochikoさん、
肉眼では、こんなには色はついてないんですよ。
写真に撮ると、やけに色が目立つように撮れました。
ガラス細工みたいですよね。
風民
2007年01月30日 21:56
●あしあとさん、
年配のアマチュアカメラマンが、一生懸命、三脚をすえて 大勢、来られてましたよ。
どうやって作ってるのか興味ありますよね~。
削るところが、しっかり頭の中で整理されてないと作れないですよね~。
すごいと思います。
2007年02月02日 09:47
 おはようございます
 大変な労作なのに、4日間で終わるとは、はかない命ですね。レストランのコックさんなどが作者でしょうか?
風民
2007年02月02日 17:19
●時さん、こんにちわ。
レストランのコックさん?
さて、どんな方々が作られてるんでしょうねぇ~。
チラシによりますと、「NPO法人日本氷彫刻会全日本コンテスト」となっておりまして、全国から選抜された氷彫刻のプロの手による。との事でありました。
2007年02月09日 09:12
 おはようございます 再びです!
>「NPO法人日本氷彫刻会全日本コンテスト」となっておりまして・・・
 :こんなNPO法人があるのですね。静岡県内のニュースで、夏になると浜松のコックさんたちで氷の彫刻コンテストが開催されたと報じます。そんなことでコックさんたちの余芸かな思っていました。もっとも真夏なので造っている端から溶けるので短い命だと伝えていましたが・・・(笑)
風民
2007年02月09日 22:40
●時さん、
コックさんなら、お料理の盛り付けに氷彫刻も作るのでしょうかね。
夏の氷の彫刻。涼しそうですね。

この記事へのトラックバック