往診はじまる

5年前、骨折・心不全で2回、今年、胃潰瘍・肺炎で2回入院し、
ばあちゃん(姑)が通っている病院が、2月より往診を新たに始めた。

入院時、掲示板で、目ざとくその情報を見つけていた私は、
病院のソーシャルワーカーに相談して、
ちゃっかり退院後から往診をお願いした。

先日、初めての往診があったのだが、
通院するのに比べて、とってもとっても楽ちんであった。

この病院は、自宅から近くにある。
歩いて10分も、かからない。

でも、ばあちゃんを連れて行くとなると、
着替えさせて、
車椅子に乗せて、
マンションのエレベーターに乗って、
車に気をつけながら坂を下って、
15分くらいかけて病院について、
それから待ち時間、1・2時間…。
車椅子が苦手なばあちゃんが、
ずりおちてしまわないか気にしながら待って、
診察は…すぐに終わるけれど、
会計でまた待って、
迎えの薬屋で、たくさんの薬が出来るのを待って、
そして、また車椅子を押して帰ってくる。
帰りは、上り坂になるので、疲れてしまう。
通院する日は、午前中つぶれてしまう有様だ。
だから、雨の日には、とても行けない。

そ・れ・が~~~!
寝て待っていたら、お医者さんの方からやってきてくれる訳ですよ!
そりゃ、少しは掃除とかしますけれどもね。(笑)
時間も労力も、100分の1で済みますよ~~。
感激しました。

費用の点ですが、
「在宅医療料」というのが余分にかかります。
うちの場合は、650点、
ばあちゃんは1割負担なので、650円ですよ。
この650円は、値打ちありますよ~。
介護サービスより安いと思うね。
ま、比べるものでもありませんけど。

それよりなにより、嬉しかったのは、
お医者さんと共に、あの「白衣の天使」の看護士さんが来てくだすった事!
白衣の天使、独り占めですよ♪

「Yさんが来て下すって、嬉しかったです」感想を言うと、
「私も来れて嬉しかったですよ~」
と、明るい笑顔(癒されます)
毎回、「お嫁さんが一番、大変ですよね」と励ましてくれる。

薬は、買い物のついでに、取りに行く事にしましたが、
よく考えると、ラコールという栄養食は、ダンボール2箱もあった…。
次回からは、お薬も配達を頼もうと思ってます。

往診、万歳♪

画像

画像は、今年も季節はずれに咲いたシクラメン

【関連記事】
 白衣の天使 
 季節はずれのシクラメン

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

たまえ
2007年03月17日 16:28
あ~よかったですね♪ 私もホットしました。 往診ばんざ~い!
それでも毎日のことは大変です。気が抜けないものね。遠くから応援しています。
2007年03月17日 16:32
●たまえさん、ありがとうございます。
往診ばんざ~い!
毎日のことも、少し慣れてきました。
人間、慣れが肝心です。
たまえさんも、お元気ですか?
また、冬に逆もどりのような気温ですね。
ご自愛くださいませ。
2007年03月17日 17:43
在宅介護の強い味方ですね。私も往診ばんざ~い!\(^o^)/
知恵と工夫で、よい制度、どんどん利用しましょう。介護者が共倒れするのが一番いけないですから・・手抜き嫁の私が、そんなこといえた義理ではないか・・(^^ゞへへ
自宅と病院が近いということは、往診するほうだって楽というわけで、なんの遠慮も後ろめたさもいらないです。
そして、情報をGETすることは、つくづく大事ですね。
でこぽん
2007年03月17日 19:38
おばあちゃんのお世話大変ですね、
自分だったら、これだけお世話を出来るかな?と思いますね、
大変ですね、往診して貰えるようになって良かったですね、
良かった・良かった・・・
風民
2007年03月17日 20:35
●レイコサウルスさん、
はい、共倒れは避けたいです。出来る事しかしませんから…。
ここの病院の院長は、子育てを終える世代が、親の介護を背負わされては、誰の人生?っていう施設推進派です。
関連施設も、色々あります。
その院長先生が往診に来る。ってんで、すすめられるかな~と内心ドギマキしておりましたが、その心配はなさそうで、次回からは内科の先生が代わりに来られるそうです。
情報GETは、大事です。
病院に行っても掲示板を見てて良かった~。
往診のお医者さんは今のところ2名なので、
すぐにいっぱいになっちゃうんじゃないかなぁ~。
風民
2007年03月17日 20:38
●でこぽんさん、ありがとうございます。
いえ、私も毎日少しずつ出来るようになりました。
というか、自分の出来る範囲の事しかしてませんから。
往診は、とっても楽で助かります。
2007年03月17日 20:54
本当に良かったですね。介護生活をしていて、一番懸念されるのが介護疲れによる共倒れですものね。風民さんがお元気でいてこそ、おばあちゃまも快適に
過ごせるんですよね。私もいずれ母を看るようになるでしょうから、とても参考になります。
2007年03月17日 21:11
往診してくれる病院ってなかなかないので、本当にありがたいですね。特に、介護が必要な方がいる家庭・家族にとっては本当に助かりますよね。
考えてみると、元々お医者さんって、人の命を救うのが仕事だから、病院でふんぞり返って患者を待っていないで、積極的に自ら動くって事必要だと思ったりします。 謙虚なお医者さん万歳!
風民
2007年03月18日 11:32
●YUKOさん、
お母様は、85歳でしたかね?
編み物が、お上手でしたよね?
お元気で、うらやましいです。
私の記事が参考になる事態にならない事をお祈りします。
風民
2007年03月18日 11:36
●ゆうちゃん、
往診、本当に助かります。
実家の母の病院なんて、広すぎて、いまだに病院内で方向を失います。
元気でなければ、とても行けません。
元気でないと病院に行けないなんて、変ですよね(笑)
pochiko
2007年03月19日 21:09
往診は楽ですよ^^
我が家は退院した時から、ず~~っと往診ばっかりでした。
着替える必要もないし、車での移動もないし。
何と言っても、病院の待ち時間が大変ですよね。
往診って言うと、医者が来たら手を洗ってもらってとか診察が終ったらお茶とか。
今はそんな事ないですもん。
医者も忙しいから、病院の昼休みの間に何件か決めて回ってるようで、終ったらサッサと帰っていきます。
もちろん処方箋で薬も届けてもらえますし助かりますね。
2007年03月20日 13:36
うんうん。昔、うちのおじいちゃんにも看護婦さんが家に一週間に一回来てくれてたの。そうすると、おじいちゃんの方もなんとなく張り合いがでて楽しみにしてたなぁ。血圧を測ってくれたり足などを洗ってくれたり爪を切ってくれたり、時々散髪もしてくれました。風民さん良かったねぇ。
風民
2007年03月20日 15:49
●pochikoさん、
実は、pochikoさんのブログで、
「今日は往診」という文字を何度も読んでいて、
「うらやましなぁ~」と思っていました。
うちも、ようやく往診仲間ですよ(笑)
待ち時間のないのは、本当に助かりますね。
他の方に申し訳ないほどです。
うちも、午前と午後の診療の間に来て下すってるようです。
来週には2度目の往診があります。
連れて行かなくていいので、気が楽です♪
風民
2007年03月20日 15:53
●キョンさん、ありがとうございます。
キョンさんのおじい様のは、訪問看護ですかねぇ?
足、洗ったり、爪切ったり、散髪まで~!!
いいなぁ~。
きっと、おじい様、週1回のお楽しみだったんですね。
うちは訪問看護は、まだお願いした事ないです。
散髪 いいなぁ……。
2007年03月22日 12:00
こんにちわ。往診始まる良いシステムですね。
ば~ちゃん元気に成ってね。風民さんも。
書き込み、ありがとうございました。
では~~。
風民
2007年03月23日 14:11
●tomityann、こんにちわ♪
わざわざコメントありがとうございます。
ばあちゃん、悪いなりに落ち着いてきました。
私も少し慣れてきました。
ゆっくりと、やっていきます。

この記事へのトラックバック