テーマ:旅行

灘黒岩水仙郷

姉様達(イトコとそのお友達)と 灘黒岩水仙郷 海のそばの山7ヘクタールに500万本の水仙 180年前 漁民が漂着した球根を植えたものが繁殖したものとか まだ寒いこの時期に 小さいけれども なぜか力強い 買い求めた水仙は 部屋で自然の香水をまいてくれた 淡路灘黒岩水仙…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

京都・伏見・寺田屋

夫のお供で 寺田屋 坂本龍馬ゆかりのお宿です 今年の大河ドラマは 龍馬伝 寺田屋も 登場することでしょう 幕末の英雄・坂本龍馬が伏見奉行所に襲われた寺田屋事件をデザイン!幕末Tシャツ寺田屋事件歴史城楽天市場店「お前様、大変! 捕り方よ!」慶応2年。薩長同盟…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

たこフェリー

うわさのたこフェリーに乗ってきました。 いえ…、「うわさ」なのは、我が身の回りで、乗ってる方がいらしたからでして… 淡路には、明石海峡大橋を渡って何度も行っておりますが、フェリーで行くのは初めて 高速道路だと、ピューっと渡ってしまう距離ですが、 明石大橋を真近に見ながらの20分の船の旅は、ある意味、贅沢であり、 こ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ふうせんかずら

ふうせんかずらの種は、黒くて白いハート模様がついているんですよね。 もらって植えてみたのですが、我が家では芽が出ませんでした ふうせんかずらの種/トーホク(初級者向け)名人農房アグリット【花の色】 白色。ふくらんだ実を楽しむ【草  丈】 つる性で1〜2m【花言葉】 多忙【特  徴】 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

清里からみえた富士山

おばあちゃんの家は、清里の清泉寮の近くにあります。 もしかして、敷地内かも…。 なので、清泉寮に、お泊り。 ここがまた、べらぼうに良い所なのでした。 そこからみえた富士山。 お天気が良かったから見せてもらえたんだろうな~。 全体的には こんな感じ
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

自分で決めて、最後まで やりとおす

そんでもって、西の魔女の家である。 これは、映画「西の魔女が死んだ」のオープンセット。 映画がすごく気に入って、食い入るようにチラシを見ていたのであるが、 まさか本当に行けるとは…。 本人は、すっかり忘れていたのですが、夫は、覚えていてくれて、 今回の信州旅行のルートのひとつに入れてくれたのである。(感謝) …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

丸田屋さんのふたつの顔

妻籠(つまご)・丸田屋さんのお昼の顔 同じく 早朝の顔 旅籠宿(はたごじゅく)では、お店が ずらっと並んでいる。 その街並みを楽しむには、お店の閉まっている早朝がよかった。 観光客もいないので静かであった。 お店が開いている日中は、店に並ぶ品々についつい目がいってしまう。 面として風景を楽…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

妻籠の柿

妻籠(つまご)の宿は 昔の旅籠(はたご)のよう 部屋は一間で押入れもなし トイレも洗面所も共同 お風呂は家族風呂で 自分でお風呂のフタをあけて入る 食事を御一緒した泊り客は6組 その内、3組が白人の外人さんでした 仲居さんも英語ペラペラ 一瞬、「ここはドコ?」という感じでありました。 私は、旅館の浴衣で…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

馬籠の唐辛子

馬籠は、坂道の宿場町 石畳の道が狭いので、両側のお店の距離が近い 向こうは、山また山 おやき と 五平餅 と おせんべい おやつで、お昼御飯の代わり しょいこの形の花瓶 買おうかどうか迷い、初日とあって手をひっこめる。 後の地では見当たらず、ちょいと後悔 旅行に行くと、お土産やさんを見るのが好き。
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

おばあちゃんの家

旅行に 連れて行ってもらってました。 色んな所を観光してきましたが、私の一番はココ♪ 「西の魔女が死んだ」のロケセット 清里の「おばあちゃんの家」です。 映画には登場しない季節だったそうですが、 カントリーテイストな魔女の家は、 とてもとても素敵なところでした。
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

出石明治館

明治政府により、設置された郡役所を移築し 資料館として公開されている出石明治館 そこでみつけた、ドア の ちょうつがい ちょうつがい好きの あつやっこさんに贈ります♪ クリックして大きくして見てちょうだい♪
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

出石 の お店 2

立派な建物だなぁ~と眺めていると、上の方に〒マーク 出石手打ち皿そば大門さん ググッってみると やはり…。 昭和初期の郵便局のリフォームでした。 気になる事が なんでも調べれる。 インターネットって便利だね♪
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

出石 の お店

永楽館客席上の看板 町なかでみつけた ねずみや さん 調べましたら、創業文化6年(1809年) いえ…、この看板が、この ねずみやさんの広告だという確証はないんですけどね。 きっと、そうじゃないかな♪とか想像をふくらませた訳です。
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

出石城跡

出石城は残っていないが、立派な隅櫓(すみやぐら)が昭和になって復原されている。 たくさんの赤鳥居と、お城っぽい櫓が一度に写せるのは珍しいかな?と思って…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

近畿最古の芝居小屋 「永楽館」

永楽館は、明治34年に建てられ 昭和39年閉館した芝居小屋 それを復原し、歌舞伎役者を呼んで 杮(こけら)落としを開催したというニュースを見た。 興行自体は終っているが、小屋の中を見せてもらえる。 って事で行って来ました♪ 入場料300円也 平日とあってか お客さんはどなたもいない。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

但馬の小京都 出石(いずし)

出石(いずし)に連れて行ってもらいましたぁ~♪ 出石といえば 皿そば 辰鼓楼 ぐらいしか知識がなかったのですが、 駐車場で頂いた観光ガイドマップを読むと、 見所満載の観光地でありました。 古墳あり、城跡あり、神社仏閣多々、みやげ物屋は軒を連ね…。 城下町なので、道がわか…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

布引の滝

新幹線新神戸駅の裏、 ほんの少し歩くと こんな別世界がある。 これは、布引の滝の雌滝。 都会の一歩裏に、森林浴とマイナスイオンの浴びれる場所。 子供の頃、行った記憶が かすかにあるが、 こんなに近くで山登り気分が すぐに味わえる場所があったとは と 再発見! もう一度、秋の紅葉の時期に探検に来ようと…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

三木鉄道

今月末に廃線となる三木鉄道に乗ってきました。 三木は、ばあちゃん(姑)の故郷。 まもるさん(夫)も、幼少の頃 行った事があるそうです。 三木鉄道は 大正5年に開通。ばあちゃんと同い年。 ばあちゃんの生まれた年に開通し、 ばあちゃんの亡くなった年に廃止となる。 そんな偶然を地…
トラックバック:1
コメント:16

続きを読むread more

まるっぽ!神戸

まもるさんのホームページが 出来ました♪ 神戸の情報ポータルサイトです。 一度、見に来てください。 こちらからどうぞ→  毎日毎日、朝昼夜、一生懸命 作っておりました。 たくさんページがありますので、気に入ったところから どうぞ。 神戸観光の折には、お役にたつと思います。 写真の八割は、私が一緒に ついて行って…
トラックバック:0
コメント:45

続きを読むread more

新しい事 予告

前記事で、 「ふうみん家に新しい事が始まる」と書くと コメントで反響が大。 ありがたい事である。 まぁ、ふうみん家にとっては、一大イベントなのであるが、 そう 期待を持たせても、 興味のおありでない方には、「なぁ~んだ…。」 てな事になるので、早々に種明かし。 実は、まもるさん(夫)が新しいホームページを立ち上げま…
トラックバック:0
コメント:27

続きを読むread more

関帝廟

このパッチワークの図柄のようなタイルの壁は どこにあるものでしょう? 関帝廟  神戸にある中国のお寺です。 カラフルですねぇ~♪ 中門を くぐり これが本堂ですが… 本堂の腰壁の一部が一番初めの図柄でした。 三国志の英雄 関羽を祀った ユニーク…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

相楽園

神戸元町の北、都会の真ん中に日本庭園がある。 パンフレットでは、つつじの季節がメインのようだ。 時期はずれの7月に訪れる。 桔梗(ききょう)の花が ちらりほらり。 これはこれで風情がある。 相楽園のホームページは→こちら 神戸のことなら 
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

神戸ポートタワー

神戸のシンボル 「ポートタワー」 この赤いタワーを入れて写真を撮ると「神戸」って感じがする。 そんなポートタワーの中に進入。 上の展望台に登ってみた。入場料600円也 喫茶店もある。 座っていると360度ゆっくりと回転してくれて、 神戸の山と海の景色が楽しめる。 …
トラックバック:0
コメント:17

続きを読むread more